Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

九日目:パリへの道。
旅行最終日。

本当はルクセンブルクにもよる予定だったんだけど、私の場合は今夜ダーリンが日本から来るのと、みんなは明日フランス語のテストがあるから、結局早めにパリに戻ることに。

朝、アムステルダム中央駅を出発しブリュッセル南駅へ。そこから超特急タリスに乗りパリ北駅へ。一等席に乗ったからちゃっかり食事まででた。すごい。

無事PM1時過ぎごろパリ着。みんなはスーツケースと旅行で更に増えた荷物をエレベーターもエスカレーターもないパリの地下鉄で運ぶのに大変そうだった・・。私は最小限に荷物を抑えたため楽勝。へへへ。

今回の旅行で学んだこと。旅行へは目的が一緒の人、または旅行の仕方を知ってる人と行くこと。結局行きたかったところの半分も行けなかった上に、異常にお金がかかった。マップがよめない3人に私は終始頼られっぱなしで、ガイドをしていた気分。そして旅行慣れしていない彼女たちは終始不平不満たれまくり。今度は一人でバックパッカーしよう、うん。

びっくりしたのは、オランダ人の英語のうまさ。みーーんなとっても流暢な英語を話してくれる。オランダ語がまったくわからない私たちにとってはありがたかった!

次の目的地はスイス!再来週にカレとライブを見にローザンヌへ。それからジュネーブに観光へ行く予定。今から楽しみ!
スポンサーサイト
【2005/05/08 23:10】 春休み旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

八日目:オランダ<キューケンホフ>
オランダ二日目。

今日は朝からキューケンホフ公園へ。ここには、私のオランダのイメージであるチューリップ畑や風車がある。

アムステルダム中央駅に向かい、そこからLeiden(ライデン)という駅に行き、バスに乗る。ちょっと長い道のりだったけど行ってよかった!
IMG_0812.jpg


花に疎い私でもその美しさに感動。
IMG_0816.jpg


これぞオランダ!な風車。IMG_0819.jpg


残念なことに途中で大雨が降ってきたのと、あまりの寒さに耐えられなかったので、アムステルダムに戻ることに。

アムステルダムに戻り、ゴッホ博物館へ。閉館ぎりぎりだったためあまりゆっくりできなかったけど、ゴッホの初期の作品が見られてよかった。
IMG_0822.jpg


ホテルに戻りラウンジでオランダのビールハイネケンを飲み、疲れを癒す、私たち4人。

明日で旅行も終わり。そろそろパリが恋しくなってきたし、戻るにはちょうどいいころかなー。

【2005/05/07 23:59】 春休み旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

七日目:オランダ<アムステルダム>
旅行七日目。
朝早くブリュッセル北駅を出発。
列車に乗りオランダはアムステルダムへ!

ブリュッセルーアムステルダム間は約3時間。途中には「フランダースの犬」の舞台になった町、ベルギーのアントワープがある。
・・・が、旅行を供にしている友達にフランダースの犬を知っているものがいなかったのと、彼女たちの荷物の多さを考えて、途中下車を断念し、アムステルダムへ直行することに。( ´△`)

列車はアムステルダム中央駅に到着。
北海道より北にあるだけあって寒いっ!とりあえずホテルへ荷物を置きに行こう!っという話になる。・・・が、住所を見てみると、ホテルはアムステルダム市内ではないことが判明!「( ̄□ ̄;)」
結局タクシーを拾い、ホテルへ。アムステルダムから約25分。一体ここはどこなんだ・・・。Middle of nowhere とはこのこと。
ホテルの周りは何もない。フロントの人に、アムステルダムに行くにはユトレヒトまでバスで行き、そこから列車。所要時間約1時間。遠い・・・。IMG_0798.jpg


とりあえず荷物を置き、再びアムステルダム市内へ!
05_14_2.jpeg


解放記念塔のあるダム広場。
IMG_0803.jpg


広場周辺の景色。アムステルダムにはいくつもの運河がある。
IMG_0806.jpg

IMG_0807.jpg


そして、オランダといえば、*$#@が合法!
そう、マリファナ売春
普通のコーヒーショップでマリファナが吸える。マリファナブラウニーなるものもある。これは友達が挑戦したマリファナケーキ。05_14_0.jpeg

お土産やさんにもふつうにこんなものが・・・。
IMG_0800.jpg


ちなみに、マリファナケーキを食べた友人二人は気持ち悪くなってトイレに駆け込んでました。

そしてそして、女の子4人でRedlight Districtへ!!
運河沿いにあるこの通り。大きい窓の建物。その窓の向こうには濃い目の化粧をした下着姿の女性たちが。ほんと、すぐ窓の向こうに女の人がいる。びっくり。いくつかの窓にはカーテンが引かれていて、そういうところはもうお客さんが入っている証拠らしい。売春が合法って、ラスベガスくらいしか聞いたことがなかったし、実際に見るのは初めて。ちなみにここでは写真撮影はNG。

マリファナケーキで青ざめた顔の二人をつれて、アルゼンチン料理を食べに行く。そしてホテルまでの長い道のり・・・。

 

【2005/05/06 23:40】 春休み旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

六日目:ベルギー<ブルージュ>
ベルギー二日目の今日はIC(InterCity)という国内列車に乗ってBrugge(ブルージュ)という町へ。やっと、アメリカで前もって買ったベネルクスパス(列車のパス)が使える。(=´∇`=)

ブリュッセル北駅から北西に約1時間。ブリュッセルはフランス語・オランダ語併用地域なんだけど、ブリュッセルより北はオランダ語が公用語。列車も途中からすべてオランダ語になってしまって、みんなであわてるΣ( ̄ロ ̄lll)。

でも実際にブルージュに着くと、観光の町だけあって、英語のほうがフランス語より通じる。駅で自転車を借りて中世の町部ルージュ巡りへ出発!
IMG_0777.jpg

この日(5月5日)はキリスト昇天祭のため、おおがかりなパレードが行われるため、道の両端に見物用の椅子がたくさんならべらていた。

ブルージュは観光者には有名なようで、日本人観光客もたくさんいた。ツアー客にまじって、ひそかにガイドさんの解説を聞いちゃいました。
IMG_0783.jpg
因みにこの写真前方のちょっと派手目な方が日本人ガイドさん。

ここは、町自体がすごくかわいいっ!中世にタイムとリップしたかのように、建物そのものが芸術だったりする。
IMG_0786.jpg

IMG_0789.jpg


そしてこれは聖母教会。この中にはミケランジェロの聖母子像がある。(これはガイドさんの解説を盗み聞きした賜物です)( ̄ー ̄)
IMG_0790.jpg

なんでも、イタリア以外でミケランジェロの作品があったのは当時ここブルージュだけとか・・。

これは世界遺産の鐘楼。IMG_0792.jpg


ちょっと日がでてきたので、外でビール!ベルギーといえば、チョコレートとビール!チェリービールなるもので、ちょっと女性向きかな。

パレードを横目に、自転車にのり駅に戻る。両手にたくさんのチョコレートとお土産。そして、列車に乗りブルージュの町をあとにする。

ベルギーに行く機会があったら、ブリュッセルだけじゃなく、ぜひブルージュまで足をのばしてみることをおすすめする。町そのものが美術館のようで1日歩いていても飽きない。
【2005/05/05 23:07】 春休み旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

五日目:ベルギー<ブリュッセル>
今日は朝早くスペイン・バルセロナを発ち、飛行機でベルギーの首都、ブリュッセルへ。

バルセロナはとっても暖かかったのに、ブリュッセルはすごく寒い。しかも雨・雨・雨。(。>。<。)

ブリュッセル北駅の近くにあるホテルにチェックインしたあと、町の中心であるGrand Place(グラン・プラス)へ。
IMG_0765.jpg


ここにはHôtel de Ville(市庁舎)やMaison du Roi(王の家)がある。
IMG_0767.jpg

IMG_0769.jpg


ベルギーワッフルをほおばりながらあの有名なManneken Pis(小便小僧)と対面!
IMG_0771.jpg

この小便小僧くん、角にある上に、像自体が結構小さいのでびっくり。因みに彼がブリュッセルの最長老市民らしい・・・。

そしてトラムに乗って
IMG_0776.jpg

サン・ミッシェル大聖堂へ。
IMG_0775.jpg

着いたときはもうすでにPM5時を過ぎていたので中には残念ながら入れず・・o( _ _ )o

夜はブリュッセルにあるチャイナタウンへ。タイレストランで久しぶりに真のアジア料理を食べる(涙)。
【2005/05/04 23:54】 春休み旅行 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。