Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

Management strategy
今日はManagement strategyのファイナル。

このクラス、どうも範囲が広すぎて全然勉強する気になれなかった( ̄  ̄!)と、いうのも、ファイナルはケーススタディーだから。前回のテストとは違って選択式の問題ではないため、もう覚える気力まったくなし
しかも、昨日脅威の14時間睡眠をしてしまった。

そして当日。
あるイギリスベースの会社の歩みの記事を配布され、その会社のマネージメントについて分析するというもの。
フランス語で行われていた授業だったため、フランス語での記事を覚悟していた私。

・・が、配布された問題を読んでみると、
あれ!?英語じゃん!???ラッキ~~O(≧∇≦)O

・・・と思ったのも束の間、なんと記事だけで全15ページ!Σ( ̄ロ ̄lll)
これ読むのだけで相当時間かかるよ・・と嘆いてた私。

が、隣に座っていた中国人留学生数名はもっと困っていた。
というのも、彼らみんなフランス語は上手だけど、英語がとっても微妙。しかも、このクラスはフランス語であったのに、なぜかファイナルだけ英語の記事。テストの注意書きには、英仏辞書のみ使用可、って丁寧に書いてあるし。エッセイ方式での答えは英語でもフランス語でも良かったんだけど。

ま、私的にはちょっとラッキーだったけど、つくづく英語の脅威を痛感させられる。ここでは英語はできて当たり前。アメリカの大学で日本語でエッセイ書けるなんてありえないしね。

テスト終了後、英語圏からの留学生たちはみんな口をそろえて、
「いやー、テスト簡単だったよねー。ただBSしただけだけど、はははー(´ー`)y━~~ 」
と言っておりました。
ちっ、これだから英語圏からの留学生は英語しかしゃべれないなんて言われるんだよ・・・。

とりあえず、one more final to go!



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xiangzhi.blog4.fc2.com/tb.php/119-dcbff283



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。