Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

Le dernier journal en France
ということで、今日はフランスで書く最後の日記。

思えば1学期間の留学は短かった・・ような長かったような・・、複雑な感じ。

今日は最後のパリを一人歩きしてきた。

暖かくなったら行こうと思ってたのにずっと行ってなかったJardin du Luxembourg(リュクサンブール公園)へ。最近パリは暖かいどころかとっても暑い。日光浴をする人たちで公園はいっぱい。
20050620082005.jpg

ここには国会上院として使われているリュクサンブール宮がある。自由の女神原像もあったけど、めちゃくちゃ小さくてびっくり。お台場のやつよりも小さかったりする。

リュクサンブール公園をあとにし、サンミッシェル、シテ島を歩く。その時、ある電話ボックスが目に留まった。
4ヶ月半前、パリに着いて2~3日目のとき、この電話ボックスからカレと母に電話したんだっけ。あの時はロングコートを着ていたのにもかかわらずすごく寒くて、自分がどこにいるかもわからなくて、これからのことが不安で不安で仕方なくて、ふとそばにあった電話ボックスに逃げ込んだ。自分で選んだ道とはいえ、心細かった。

そしてあのころ歩いたセーヌ沿いを散歩する。
これはPont Neuf(新しい橋)と呼ばれる、パリ最古の橋から撮った風景。
20050620082034.jpg


毎日学校に行っていたころはあまり好きになれなかったこの街も、いざ去るとなると寂しいものだ。観光で訪れていたなら間違いなくこの街のすばらしさだけを思い出として持って帰ることができたのだろう。でも、ここに住んでみて、自分で生活して、学校に行って、旅行とは違った何かを見たり経験したりすることができた。だからこそ、この4ヵ月半は短くも長くもあったわけだ。

あの寒かった時が嘘のように、外は暑くて陽が照っている。もう電話ボックスには入らなくてもよさそうだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
かおちゃん♪
この日記読んで なんだかすごく感動しちゃった~
異国の地での生活は、観光とは違って心細くなったり、不安になったりするよね~
4ヶ月間 よく頑張りましたぁ(^∇^)☆
パリは思い出深い町となった事でしょう。。
帰国したら、お話聞かせて下さいなっ♪
【2005/06/20 13:00】 URL | ゆき #-[ 編集]


なんか最後の2行が重く響いていいね~。
たしかにパリは観光でいくのはよさそう。でもone of 異国として行くにゃー、ちと怖いかもね。
これから就職活動でしょ?がんばってや。
【2005/06/20 13:33】 URL | なおと #-[ 編集]


お疲れ様!! 最初は家とかでトラブルがあったりしたとか聞いていたから心配したけれど、いつもこの日記を読んで元気そうにしているので安心してました。 いろいろな場所は人との出会い、これからも大切にしていってね。
では、SanDiegoで会いましょう!!
【2005/06/20 14:46】 URL | しのぶ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xiangzhi.blog4.fc2.com/tb.php/123-7c413f97



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。