Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

L'anglais est la langue commune du monde? (英語は世界の共通語?)
学校2週目。
仏語の授業で2週間後にプレゼンテーションをやることになって、グループを組んだんだけど、アメリカ人とチームを組む大変さを改めて感じさせられたわ。グループにフランス語がペラペラな中国人留学生がいるんだけど、彼があまり英語を話さないにも関わらずみんな英語でプレゼンの話をするの。大体、フランス語の授業なんだから英語を使うのは間違ってるんだけどね。ほら、英語圏の人って、世界の人はみんな英語を話せると勘違いしてるからね。一緒に住もうとしていたErickaっていうSDSUからの友達は、フランスに来てからもずーっと英語しゃべってる。ホステルで知り合ったオーストラリアの女の子は、なんでパリではあまり英語が通じないのか!!って私に言ってたし。確かに英語はコミュニケーションの手段として、世界で一番よく使われてる言語だとは思うんだけど、英語はどこでも通じるからと勝手に思い込んで、行く先々の国の言語を全く使わないっていう姿勢には、どうも私は賛同できないな。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xiangzhi.blog4.fc2.com/tb.php/46-a04d709f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。