Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

そしてこんな週末。
私は週末に勉強するのが大嫌い。
ま、もちろん平日に勉強するのも嫌いだけど。

・・でも今日はそんなこともいってられない。溜まりにたまったリーディングたち、そして火曜日にはマネージメントのテストが。

と、いうことで今日はこいつ↓が私の心の友(涙)
04_18_0.jpeg


でも勉強を始めて1時間もしないうちに友達から「シャンゼリゼにいるからおいでよー。」と言われておでかけ。(*^o^*) 天気もよかったし、みんなオープンカフェでおしゃべりしてるし、春っていいよね。

・・・ま、現実逃避はこの辺までで。
フランスの大学(私の通っているやつ)の授業にはアメリカの大学のようなシラバスというものがクラスで配られない。だから予定がわからなくていやなんだよねー。
クラスの評価はcontrôle contenu contrôle finalの二つ。contrôle contenu は学期を通しての評価(中間試験・プレゼン・出席状況など)で、contrôle finalは期末試験。ほとんどのクラスでcontrôle contenuが40%、contrôle finalが60%の価値がある。

・・・っていうか期末すべったら終わりじゃん!!( ̄Д ̄;)

そして、フランスの評価は1~20だったりする。
(フランス)  (アメリカ)
  14~20   =   A
  12~13   =   B
  10~11   =   C
   8~9    =   D
  7以下    =   F

一見、Aの範囲が広そうだけど、先生曰く、「16~20はありえない」らしい。ひょえ~、なんだよそれ。( ̄△ ̄;)
うーん、無事全教科パスしてSDSUに帰れるかな、不安だ。。

あ、結局1チャプターしか読み終わらなかった(--;)>
ま、明日もあるしね。Viva last minutes!! そんな週末。

因みに週末はフランス語でもle week-endなのです。しかーし、フランス語では一週間は8日です。ちょっとしたトリビアでした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

う~ん平日も休日も勉強してやっとこさな俺はどうすればいいんだ・・・。何しろSkimmingがめっぽう不得意な俺は隅々まで読むからな、教科書。おかけで成績はいいんだけどヽ(゚∀゚)ノアーヒャヒャヒャヒャヒャ

と、Freshmanの分際で出すぎたことを言ってしまいました。仕返しにウイルス添付してメールとか送らないでね。じゃあ今週も頑張りましょう。

 りんたろ

あのさぁ、一週間は8日です、ってどういう意味?
【2005/04/18 11:57】 URL | りんたろ #-[ 編集]


私もYUKAのMin Input, Max Outputの法則に従うタイプですから。教科書を隅々までよんでたら寝たりネットしたり食ったりする時間がなくなるじゃん!?そんなのむり。因みに成績はりんたろさんほどじゃないかもしれませんが、悪くはないわよ。( ̄ー+ ̄)

ま、がんばってくれたまえ、フレッシュマンよ。はは。

あ、一週間=7日じゃなくて、8日っていうのよ、仏語では。例えば「彼は一週間後に着く。」っていう文は、英語では、
He will arive in a week (or in 7 days).
で、仏語では、
Il arrivera dans huit jours.
で、このhuit joursっていうのは8 days。
なんでも数え始めの当日も含めるから8日らしいよ。
【2005/04/19 01:07】 URL | Kaori #-[ 編集]


ああ、そういうことか。
普通にいろいろ考えちゃったよ。
1週間=8日の意味。
【2005/04/19 18:08】 URL | にゃおき #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xiangzhi.blog4.fc2.com/tb.php/74-1c8faa23



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。