Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

C'est pas juste! (That's not fair!)
今日はマネージメントストラテジーの中間試験。
一言でいうと、

すべった・・・・( ̄□ ̄|||)

もう始まりからして悪かった。
先生がテスト問題と回答用紙(アメリカのブルーブックみたいな線がひいてあるだけの小冊子)を配り始め、机の上には鉛筆と消しゴム。・・・・ん!?辞書??
そう、ふと周りを見回すと、辞書を出している人がちらほら。

あれ!?確か、用語を定義するセクションがあったから辞書は使ってはいけないはずじゃ・・・。
と、不思議がっていた私に先生が一言、
アメリカとイギリスからの留学生数名の要望で、交換留学生は辞書を使ってもいいことにしました。」

え!?聞いてないんですけど・・( ̄Д ̄;)

しかも、このアメリカとイギリスからの留学生っていうのがポイントだよ。さすが、英語圏。一般的に英語圏から来た留学生の仏語が一番ひどいらしい。そして辞書が使えないことを不公平だと一番抗議したのが彼ららしい。おいおい、他の国からも留学生はいるんだからさ。こっちのほうが不公平だよ。

ま、先生が隣と辞書シェアを許してくれたからよかったものの、またもや問題発生。

このテスト、QCM(questions à choix multiples)=選択式 のセクションと定義セクションの二つに大きく分けられていた。
アメリカで一般的に選択式問題と言えば、答えは1つしかないことが多い。大半の選択式問題が「次のうち最も適当なものを選べ。」という指示があるはず。
・・で、このテストの選択式問題、「あっていると思われるものすべてに丸をつける。答えがその中にない場合もある。」という指示が。

え、これって、選択式っていえるんですか・・・?(-_-;)

途中、問題を解くにあたってどうしても調べなくてはならない単語に遭遇。隣の友達の辞書を借りて調べてみる。
・・・ん、こんな英単語みたことないぞ・・・。
と、思ってその辞書をよくよく見てみたら、それは
フランス語ースペイン語辞書。あ、エリカはメキシコ系だった・・。幸いその隣のアメリカ人に仏ー英借りたからよかったけど、大事な時間を無駄にしちまいました。

そして、定義のセクションでは思った以上に細かく書かされ、小冊子の半分以上を使うはめに。なんとか制限時間5分前に終えたけど、これはやばいですな。

帰りの電車の話題はもちろんこのテスト。そして今日の合言葉は、

C'est pas juste! (セ パ ジュストゥ!) 不公平だ!

ま、人生そんなもんよね。ヽ(ー_ー )ノ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

わぁ~~!!かわいそうな
カオリン!頑張ろうぜぃ!!
【2005/04/20 12:35】 URL | あみ #-[ 編集]


ハイ、人生は不公平です。
私しみじみ感じてますよ。
【2005/04/20 13:22】 URL | しのぶ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xiangzhi.blog4.fc2.com/tb.php/75-f6b25afd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。