Mon journal
アメリカ・フランスでの留学雑談記。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |

フランス人の関心事。
Les Français s'intéressent à quoi??

フランス人の最近の関心事はなんでしょう?
4月21日付けの「20minutes」によると・・・

第5位:イスラエルーパレスチナ問題
第4位:パリのオペラ付近にあるホテルの火災事故
第3位:イラク関連
第2位:ローマ法王

そして第1位は・・・
Référendum (国民投票)

これ、アメリカや日本では自分たちの国とは直接的には関係しないことだから、あまり有名ではないかもしれない。でもEU諸国、およびEU諸国とのビジネスにはとても重要な話題。

この国民投票とは、欧州憲法批准の是非を問うもの。EU加盟国、25カ国のうち一カ国でも批准に失敗した場合は、この憲法は成り立たないことになる。

すでに25カ国のうち3カ国が議会で批准しているうえに、スペインでも国民投票の末、賛成多数で承認された。

・・・で、EU拡大・統一のリーダー的存在フランスは??
5月29日にフランスで行われる国民投票だけど、最近の世論調査の結果は欧州憲法に反対が過半数となったらしい。
その背景にはフランス国内問題や、EUという多様な国の集まりである連合ならではの問題がある。

欧州憲法が有効になると、フランスではただでさえ多い失業率の悪化が懸念される。と、いうのも企業がフランスから労働力の安い外国(東欧など)に移転してしまう可能性大だから。
そして、その憲法に含まれている「サービス市場の自由化」っていうのがまた問題。これは労働者の移動の自由を提案してるもの。本国法の適用により、企業は本国の規則によって許可されている限り、受入国の許可なしでもサービスを提供することができる。
・・・例えば、ポーランドの法令で許可された弁護士さんは、フランスで改めて許可を取得する必要性がなく、フランスで働く場合でもポーランドの規制もしくは監督のみを受けることになる。

こういった労働市場の開放により、給与や社会保障水準が低い東欧諸国の労働者がフランス、ドイツといった国に大量に流れ込んでくることが懸念されるわけ。ウクライナやトルコもEU参加を希望しているため、この問題はより深刻になる。

・・・と、なんかあまり日本国には関係なさそうな気もするけど、これ、日本にも起こりうる。シンガポールではEUに対する連合をアジアでも作ろうとする動きがあるし、中国はアジアの通貨をいつかは「元」に統一しようとしてるみたいだし。アジア連合が誕生して、サービスの自由化が承認されたら日本はどうなってしまうんだろう・・・・。
ま、EU統一にも約50年ほどかかっているわけだし、すぐには起こる可能性はないんだけどね。

最近のアメリカ人・日本人の関心事は何なのかな?気になります。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


もしさ今後、ASEAN以上のアジアを統一する連合組織が誕生しても、その時も円は他のアジア諸国の通貨より断然高い価値があるだろうから、円を貫き通すよ。

だから万が一、元統一が起こって、いろんな自由化が促進しても、日本は日本のスタンスを維持をすると思うよ。今のイギリスみたいにさ。

最近の関心事だけど、ダーリンの最近の関心事は、かおりんとの結婚生活だよ! 

うっしっし



【2005/04/22 19:17】 URL | だーりん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://xiangzhi.blog4.fc2.com/tb.php/77-51965f57



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。